えびねtitle

見出し01

えびねは無限の可能性を秘めている花です。この花に魅了されて約三十年の月日が経ちました。「静豊園のえびね」といえば、サルメンえびねの存在です。特にこの花の魅力に惹かれて、交配となれば片方にイシズチえびねかサルメンえびねを掛け合わせることが主流となりました。今は六十種類以上の交配のうち五十種類はサルメン、イシズチの交配となっております。これからもえびねの将来に大きな夢を託して色々な可能性に挑戦していきたいと思います。

                                        園主 秋山昇

見出し02

サルメンエビネ

サルメンえびねというと形が悪い、栽培が難しいと思われがちですが サルメンの血が入ると次の点で優れていると考えます。

1.舌が大きく発達する。

2.舌の色が濃くなる。特に下張りのある舌。 3.交配相手が優れているとサルメンの良否に関わらず良花が生まれやすい

4.花が大形正開咲になりやすい。

5.おおむね花間が良い。

6.未知の交配でエビネに変化が生まれる。

(神津系、ヒゴ系、四倍体、ニオイ系など)

えびねタイトル

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得